厚木精華園の特徴

厚木精華園は、神奈川県が設置し、
「社会福祉法人かながわ共同会」が指定管理者として運営する
3つの知的障がい者支援の施設の1つです。
高齢あるいは高齢で医療ケアを必要とする知的障がい者を支援するモデル施設
とし位置付けられています。

特徴

1

開設当初から高齢知的障がい者への支援ノウハウ発信の一環として、高齢者支援セミナーを開催しています。

特徴

2

利用者の加齢に伴う心身状況等の変化に寄り添い、「食こそ命」をキーワードに、利用者の大きな楽しみの一つでもある食事の充実に努めています。

併せて、えん下困難な利用者への安心を食事「口どけ食」や「行事食」等にも「スパイス愛で調理」を合い言葉に取り組んでいます。

特徴

3

医療的ケアを必要とする利用者の受け入れを推進するため、診療所を併設し、安心の医療体制にも努めています。

診療所では、内科・精神科・歯科等の診療業務を行っています。併せて、高齢化した利用者の健康維持・増進には、日中活動の場として、「心が動けばリクリエーションになる」をキーワードに受注作業、創作活動にも取り組んでいます。

特徴

4

本厚木駅前の厚木市保健福祉センター内で、厚木身体障害者等生活介護事業所「とまと」を運営し、在宅の身体障害者への支援にも取り組んでいます。

利用者の「やってみたい!」気持ちを大切に事業展開し、「この指とまれ!」、夏祭り週間・日帰り旅行に取り組んでいます。

特徴

5

グループホーム(8ヶ所)を運営し、利用者の地域生活移行にも努めています。

グループホームの利用者は、同居人数が少ない中で、自分たちの思いを叶え、地域での生活を楽しんでいます。